看護師

めまいは検査で確認│ふらっときたら原因追求

アレルギーによる疾病とは

病院

免疫の過剰反応

アレルギーによる疾病には様々なものがありますが、そもそもアレルギーとはどのような状態を言うのでしょうか。一言で言い現すと、アレルギーとは免疫の過剰反応のことです。免疫には、液性免疫と細胞性免疫があり、液性免疫とは免疫グロブリンを用いて身体を防御する反応のことです。そして、細胞性免疫とはTリンパ球を中心として様々な免疫細胞が身体を防御する反応のことです。アレルギーには1型から5型まであって、4型を除いた全てのタイプで免疫グロブリンが関与しているのです。そして、最も基本的なアレルギーが1型アレルギーで、免疫グロブリンの一種であるIgE抗体が関与しています。この1型アレルギーの代表的な疾病として、アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎が知られています。

治療方法の内容

アレルギー性鼻炎の治療法については、今のところ主に対症療法が行われています。アレルギー性鼻炎の場合、肥満細胞表面に付着したIgE抗体と、アレルギー反応を引き起こすアレルゲンが結合し、肥満細胞からヒスタミンが放出されることで起こります。ですから、アレルギー性鼻炎の治療には抗ヒスタミン薬を用いることが多くなっているのです。また最近では、アレルギー性鼻炎の根本的な治療法として、減感作療法も行われるようになってきました。例えば、アレルギー性鼻炎の代表格であるスギ花粉症に対して、少量のスギ花粉を常時体内に入れることで、アレルギー反応を弱めて、最終的に起こらないようにするのです。アレルギー性鼻炎は大変に辛い疾病ですから、まずは耳鼻咽喉科に行って医師に相談してみましょう。

Copyright© 2015 めまいは検査で確認│ふらっときたら原因追求All Rights Reserved.